ベビーシッターですこんにちわ!是非見てってください。
by wn0brlcles
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
24日の橋下知事パーティ延期..
at 2010-06-16 14:32
ブログで、何を書いていますか..
at 2010-06-07 15:20
「日米合意、全く理解できない..
at 2010-05-28 15:35
首相動静(5月17日)(時事..
at 2010-05-20 01:49
富田林で住宅3棟全焼(産経新聞)
at 2010-05-12 17:45
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


福知山線「賠償交渉の会」遺族、安全研究施設の設置要望(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故の遺族らでつくる「賠償交渉の会」とJR西日本との3回目の会合が27日、兵庫県伊丹市で非公開で行われた。同会は同社に対し、独自に算定した具体的な最低賠償額を初めて提示。公共交通機関の安全を検証する研究施設の設置も求めた。

 同会によると、同会側は交通死亡事故の判例などをもとにした一律の賠償基準は拒否し、「命の賠償額は、その価値を知る家族が決めるべき」と主張。遺族の生活再建なども含めた最低賠償額を提示した。

 また「JR西が健全な公共交通機関に再生する以外に遺族の感情を和らげる方法はない」として、安全性の検証や情報発信を行う施設や、JR西の安全対策を監視する第三者機関を設置するよう要望した。

 事故で妻と妹を亡くした浅野弥三一(やさかず)さん(68)は、会合後の記者会見で「家族の命を数字に変えるなんて誰もしたくないが、あえてそこに踏み込んだ賠償請求としたい」と話した。

 これに対し、JR西は「すでに相当数の遺族と示談しており、すべての遺族に基本的な考えを異にすることなく対応したい」とコメント。今後も賠償交渉には従来通りの姿勢で臨む方針を示した。

 会合には遺族約35人が出席。JR西側は、佐々木隆之社長ら8人が参加した。

【関連記事】
「最高責任者の責任」検察と検審に相違 JR西3社長起訴議決
「必要な協力していきたい」神戸地検次席
起訴議決に涙 遺族「息子と一緒に確かめたかった」
あの4・24忘れぬ、追悼ウォーク 事故5年で負傷者の会
JR脱線で重傷の近大生 「人の役に」新たな一歩
あれから、15年 地下鉄サリン事件

ゆるキャラ1位は「いしおさん」(産経新聞)
北教組起訴 規律・順法意識欠如の結果(産経新聞)
ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい−警視庁(時事通信)
<インサイダー取引容疑>化粧品販売会社役員に課徴金勧告(毎日新聞)
アルコール量超過で20分遅延=福岡〜羽田便の副操縦士−全日空(時事通信)
[PR]
by wn0brlcles | 2010-03-29 16:31
<< ブレーキ優先機能搭載を要請=フ... 東急東横線でも男性はねられ運転... >>