ベビーシッターですこんにちわ!是非見てってください。
by wn0brlcles
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
24日の橋下知事パーティ延期..
at 2010-06-16 14:32
ブログで、何を書いていますか..
at 2010-06-07 15:20
「日米合意、全く理解できない..
at 2010-05-28 15:35
首相動静(5月17日)(時事..
at 2010-05-20 01:49
富田林で住宅3棟全焼(産経新聞)
at 2010-05-12 17:45
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


血液検査正常値に個人差 東大、理研 46個の遺伝子発見(産経新聞)

 健康診断などで行う血液検査の結果を左右する46個の遺伝子を、東大と理化学研究所の研究チームが日本人のゲノム(全遺伝情報)解析で発見した。肝機能などの数値は、遺伝子のタイプによって個人差が大きいことが判明。その人の体質に合った基準値を設けることで、より正確な診断が可能になる。米科学誌「ネイチャー・ジェネティクス」(電子版)に8日、発表した。

 発見したのは赤血球、肝機能、腎(じん)機能、尿酸、心筋梗塞(こうそく)など18項目の血液検査に関連する新規の遺伝子。肝機能では、ALP値は遺伝子の違いにより最大99の個人差があり、ガンマGTP値などは酒に強い遺伝子を持つ人で高い傾向があった。また血液型がB型の女性は、他の血液型の人と比べて貧血のリスクが21%低いことも分かった。

 検査結果の目安となる「正常値」は、数値にかなり幅がある。

 研究チームの松田浩一・東大医科学研究所准教授は「遺伝情報を調べることで自分の正常値を知っていれば、早めに異常に気付いたり、余計な心配をしなくて済むようになる」と話している。

 研究チームは、東大医科研の「バイオバンク」に登録されているがんや糖尿病、心臓病などの患者1万4700人分のデータをコンピューターで解析。膨大な情報を高速解析する数学的手法を駆使し、多数の遺伝子を一度に見つけ出すことに成功した。

冬まつり用に作った雪だるま、50個壊される(読売新聞)
<前原国交相>「秘書3人起訴の事実は重い」(毎日新聞)
<鳩山首相>小沢、石川氏に「説明義務」(毎日新聞)
日本脳炎ワクチン、3歳に接種勧奨(産経新聞)
<山崎前副総裁>自民党で活動継続の意向固める(毎日新聞)
[PR]
by wn0brlcles | 2010-02-14 06:49
<< <4000万詐取>広尾病院職員... 30歳代女性に小沢氏への嫌悪感... >>